モラハラDVを受け続けたらどうなる?

 

昨日は、よく眠れましたか?

明日も同じような日々が続いていくと思ったら、

未来が希望とは思えない日々ですよね。

 

だからこそ、

 

今、あなたが自分を幸せにするという覚悟を決めて

動くために、背中を押せられたら。

 

そんな想いをこめて、記事を書きます。

 

モラハラDVを受け続けたらどうなる?

 

我慢というものは、体をむしばみます。

沈黙のウイルスです。

 

 

つまり、病に陥ります。

 

 

ただ、病の種類は様々です。

うつ病・内臓疾患・ポリープ・ガン。。。。など

我慢は、夫だけでなく、職場でも同じ。

我慢をため続けると、病になります。

 

 

では、モラハラDVを受けたら我慢することがあるのか復習していきましょう。

 

モラハラDVを受け続ける内容とは?

 

では、モラハラDV夫にされる内容を簡単に復習しましょう。

 

肝心なことを、肝心な時に話さず、相手を悩ませるよう仕向ける。

 

面倒くさいことは、相手が困っていようが、後回しにする。

 

自分がやりたくないことは、誰かにやらせる。

 

言われたくないこと言われ始めたら黙らせる。

 

都合が悪くなると、黙って無視を何時間でも何日でもする。

 

自分の言った通りにならなければ制裁を与えて苦しませる。

 

それでも従わなければ、キレる。

 

 

 

ざっと流れを説明するとこんなこと。

 

キレたら、手が付けられないから
妻はじっと耐えてだまって口答えしないのが
良い妻だ。って言われるし
そうしないといけないって思ってるのが

マジメなモラハラDV妻なんです。

モラハラDV妻の老後

だけどね。

脱出するって方法を知らなくて。

本当に一生懸命夫の罵声に耐え続けてたら

こうなる可能性が高いってことも

知ってほしいです。

それは、

アルツハイマー型認知症を

引き起こす可能性が高くなります。

私は、昼はデイサービス、夜は宅老所と形を変えるけれど
同じ利用者さんを24時間体制の施設に
シフト制度で働いていたことがあります。

この施設は、グループホームというアルツハイマーの方にこそ
快適に過ごせるように工夫がされた施設です。

 

その施設に携われた経験値は、とても大きいです。

 

今でもその考えは培われています。

 

その時に、社外での研修も受講していましたが、

中には、とても心に響く内容のものもありました。

 

それは、医療技術とは程遠い内容だったのですが、

人と人がつながるお仕事だからこそ、

医学だけでは説明できない部分だったのかもしれません。

認知症っていう病はね、

我慢して、さまざまな欲を抑えてきていた人だからこそ

発症するといわれています。

だから、神様が生きている間に

やりたいことを、うんと甘えておいで。って

欲望のままに動けるように

作られたってきいたことがあります。

 

これを聞いて、介護を仕事にするモチベーションは

俄然変わりました。

 

今まで、自分の感情を閉じ込めて長い年月が経つ。

 

その前に、あなたは、動いてみませんか?

 

その場所が、幸せじゃないって叫んでみませんか?

 

その場所を離れる覚悟を決めるのは自分だけです。

 

まずは、私と会ってみませんか?

心のブロックを解除して進みやすくするセッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事